受付期間:平日9:15~18:00(土・日・祝日休み) 0120-014-440

お問い合わせ

原稿の作り方

印刷のしくみ

アクリルは透明なため、デザインデータとは別に「白版」と呼ばれる白いインクを印刷することで透けるのを防ぐことができます。
そのため印刷したい画像のデザインデータと、同じ形の白版データが必要になります。
また、刷り上がったアクリルを形に沿ってカットするための「カットライン」のデータも必要です。

アクリルの種類によって印刷面が異なります

【透明アクリルの場合】

透明アクリル片面印刷の場合 透明アクリル両面印刷の場合

透明アクリルは裏刷り仕様です。
アクリルの裏面に、表デザイン→白版→裏デザイン(裏デザインは両面印刷がある場合のみ)の順に重ねて印刷します。

多くの商品はこの仕様で印刷されます。
ただし、アクリルキーホルダーご注文時にアクリル板の色を「白」「黒」を選択された場合や、アクリルキーホルダー(ラメ)をご注文の場合は下記の印刷方法となります。



【白・黒・ラメアクリルの場合】

白・黒・ラメアクリル片面印刷の場合 白・黒・ラメアクリル両面印刷の場合

アクリルの表面に、表デザインと白版を印刷します。
両面印刷の場合は、アクリルの裏面に裏デザインと白版を印刷します。表用と裏用の二つの白版が必要です。

※ラメアクリルは両面印刷非対応

データ作成方法

事前準備

あらかじめ、各商品専用の入稿用テンプレートをダウンロードしてください。
入稿用テンプレートのダウンロード先についてはこちら。

Illustrator形式・Photoshop形式のデータのみ受付可能

受付可能なのは、Illustrator形式・Photoshop形式のデータのみです。
いずれの商品のご注文でも、アクリルキング入稿用テンプレートを必ずご利用ください。
JPG・PNGなどの画像形式やPDF形式のデータでは入稿をお受けできません。


レイヤーについて

テンプレートのレイヤー

テンプレートを開くと、必要なデータ別にレイヤー分けがされています。
※商品により「つめ・差込口」「台座」等、左図と異なるレイヤーがあります。

  • 配置見本
  • (穴位置など商品ごとのパーツ用レイヤー)
  • カットライン
  • デザイン
  • (両面印刷の商品は裏面用のデザイン)
  • 白版
  • サイズ別ガイド
  • ご案内の図や説明

レイヤーの順序変更や削除、統合、ロックの解除、レイヤー名の変更などはエラーの元となりますので行わないでください。

バージョンの違いなどが原因でレイヤーが統合されてしまっている場合は、お客様の方でレイヤーを必要分追加していただき、追加したレイヤー上でデータを作成してください。


作成が必要なデータ

「デザイン」「白版」「カットライン」以外にも、パーツの作成が必要な商品がございます。

必須データ すべての商品 デザイン、カットライン、白版用のデータを
指定レイヤー上で作成してください。
plus
商品ごとに
必須となる
データ
・アクリルキーホルダー
・アクリルチャーム
・つながるダイカットアクリル
穴位置用のデータを指定レイヤー上で作成してください。
・アクリルスタンド
・アクリルジオラマ
・アクリルペンスタンド
差込用つめ、差込口(台座)用のデータを
指定レイヤー上で作成してください。
商品名に「両面」とついている商品 裏面用のデザインデータを指定レイヤー上で作成してください。

作成手順

入稿データは以下の手順での作成がおすすめです。

入稿データ作成手順 「デザイン」レイヤーにデザインを配置 カットライン用データを作成 白版用データを黒100%で作成 穴・差込用のデータを作成 裏面デザインデータを作成
入稿データ作成手順 「デザイン」レイヤーにデザインを配置 カットライン用データを作成 白版用データを黒100%で作成 穴・差込用のデータを作成 裏面デザインデータを作成

テンプレートに配置する前に、あらかじめデザインデータをご用意ください。

表面・裏面デザインデータ

「デザイン」レイヤーにデザインを配置

「デザイン」レイヤーにデザインを配置

表デザイン」のレイヤーに、表面の絵柄デザインを配置します。
片面のみの商品は「デザイン」のレイヤーに配置してください。

お願い
RGBでのご入稿は色味が変わる可能性があるため、基本的にCMYKでのご入稿をお願いします。
注文したサイズに応じて点線枠内におさめてください。
デザインが枠外にはみ出している場合は、原稿不備となりますのでお気をつけください。
絵柄の背景は必ず透過させてください。
背景が白く残っているとそのまま印刷されてしまいますので、印刷しない部分は全て透過してください。

カットライン用データを作成

カットライン用データを作成

カットラインデータを「カットライン」レイヤー上で作成します。デザインデータとは分けてください。

お願い
必ずパス(線)で作成してください。線の太さに指定はありませんが、丸みのあるパスを使用してください。鋭くとがったのものは作成できません。
途切れ・ねじれ・がたつきのあるパス、複合シェイプで作成されているものは不可です。
イラストの輪郭から2mm以上離した上で、実線の枠内に収めてください。
カットラインがない場合は原稿不備となり再入稿をお願いしております。作成できない方は弊社にご依頼ください。

カットラインが以下のようになっている場合は、原稿不備となりますのでご注意ください。

  • パスが鋭くとがっている

    パスが鋭くとがっている

  • パスが途切れている

    パスが途切れている

  • パスがねじれている

    パスがねじれている

  • パスがガタガタしている

    パスがガタガタしている

  • 絵柄とパスの間が2㎜以下

    絵柄とパスの間が2㎜以下
    →2㎜以上にしてください

  • 効果で角を丸くしている

    効果で角を丸くしている
    →実線にしてください

  • 複合シェイプで作成

    複合シェイプで作成
    →複合パスで作成してください

お客様の方でカットラインの作成が難しい場合は、アクリルキングに依頼することも可能です。
作成依頼をご希望の方は有償(税込1,100円)で承りますので、お見積り注文時のメッセージ欄にご記入ください。

白版データをCMYKの黒100%で作成

白版データをCMYKの黒100%で作成

白版」レイヤー上で、データをCMYKの黒100%で作成してください。実際に印刷される時は白色で印刷されます。
必ずデザインと同サイズ同位置に、ぴったり重なるように配置してください。

お願い
半透明や、一部分のみ白版を薄くする等のぼかし、グラデーション等は対応致しかねます。
デザイン部分を白く彩色したい場合は、デザインレイヤーにも白色で着色してください。
細い線や小さな文字は白版が印刷できないことがあります。5px以上の太さになるよう作成してください。
白版有無の仕上がりの違い
白版が無い場合とある場合

白版をなしにすると、白色部分は何も印刷されず透明なままになり、薄い色部分もわずかに色が乗る程度です。
透明感があるというよりも、デザインの印刷が映えづらくアクリルに薄く着色される状態となります。
メインの人物やキャラクター及び全体的に白版を無くすのはおすすめできません。
背景だけは白版を無くして透けるデザインにしたい、という場合は問題ありません。

白版をRGBで作成しないようご注意ください
白版をRGBで作成してしまった場合

白版のデータをRGBで作成されると、白版の印刷が薄くなってしまい綺麗に仕上がりません。
白版のデータは必ず、CMYKのK100%のベタで作成してください。

お客様の方で白版データの作成が難しい場合は、アクリルキングに依頼することも可能です。
作成依頼をご希望の方は有償(税込1,100円)で承りますので、お見積り注文時のメッセージ欄にご記入ください。

白版・カットライン以外のパーツ用データを作成※該当商品ご注文の方

商品によって必要なパーツが異なります。
下記商品をご注文の方は、手順に沿って必要なパーツを指定レイヤー上で作成してください。

【穴位置用データ】

ボールチェーンやキーホルダーなどのストラップパーツを通す〈穴位置〉の作成が必要です。

穴位置用データ

穴位置」レイヤー上に、テンプレート内の穴位置用パスを希望の位置に配置してください。その際、穴のサイズは変更せずに位置のみご指定ください。

お願い
穴位置は実線内におさめてください。
穴を2か所以上開けたい場合は有料オプションです。ご注文時に追加オプションで選択してください。
製作の都合上、弊社でデータを調整する場合がございますのであらかじめご了承ください。
【差込用つめ】

差し込むための突起(差込用つめ)を作成してください。

差込用データ

1)「つめ・差込口」レイヤーから、差込用つめのパスをコピーします。
2)コピーしたつめのパスを、「カットライン」レイヤー上の希望の位置にペーストしてください。その際、パスのサイズは変更せずに配置してください。

お願い
つめは3サイズあります。ご注文いただく商品に合ったサイズのつめをご使用ください。
差込用つめは実線内におさめてください。
カットラインと差込用つめの上部が重なるように、カットラインを調整してください。
【差込口・台座】

差し込まれる側(台座)のデザインと差込口を作成してください。

差込用データ

1)台座のデザインデータを「デザイン」レイヤー上で作成してください。
2)台座のカットラインを「カットライン」レイヤー上で作成してください。
3)「つめ・差込口」レイヤーから、差込口のパスをコピーします。
4)コピーした差込口のパスを、「カットライン」レイヤー上の希望の位置にペーストしてください。その際、パスのサイズは変更せずに配置してください。
5)差込口の周囲に、2mm以上の余白を作成してください。

お願い
差込用つめと差込口は必ず同じサイズのものを配置してください。
差込口の周囲2mmは印刷できないため、2mm以上の余白を設けてください。

裏面のデザインデータを作成※該当商品ご注文の方

・アクリルキーホルダー両面
・アクリルチャーム両面
・アクリルスタンド両面
・つながるダイカットアクリル両面
上記のような両面商品をご注文の場合は、裏面のデータも必要です。(商品名に「両面」とつく商品が該当します)

裏面デザインデータ

裏面用のデザインデータを「裏デザイン」レイヤー上で作成してください。
裏面の輪郭は、必ず表面のを輪郭を左右反転させた形にしてください。(印刷時にぴったり重なります)
文字やロゴがある場合は反転させずに配置してください。

お願い
一部の商品では両面印刷のご注文を承っておりませんので、事前にご確認ください。

その他ご注意

画像は埋め込んでください

Illustrator形式で作成される場合は、画像の配置は埋め込みにしてください。
リンクでの配置はデータ不足でリンク切れとなることがあります。その場合は弊社で画像データを確認することができません。
使用する画像は、全てAIファイル内に埋め込んで保存してください。

テキストはすべてアウトライン化してください

弊社で保有しないフォントを使用されていると、別のフォントに置き換わることがあり正しく印刷することができません。
画像化(=アウトライン化)させることでフォントの形が保持できます。
作成データ内の文字は、すべてアウトライン化してから入稿してください。

テキストはすべてアウトライン化
入稿前にデータの最終確認をお願いします

入稿される前に、作成したデータを入念にご確認お願いします。
わずかでも塗り忘れがあると目立ったり、不要部分の消し残しは仕上がりに含まれてしまう可能性があります。
パスごみや空のテキストオブジェクトも残っていると印刷機の不具合に繋がりますので、不要なパスや印刷しないオブジェクトは必ず削除してください。
データの不備がありますと、ご注文確定や発送日が延びてしまいますのでご注意ください。

ページトップへ